ポンジ・スキームについて~詐欺に注意~

こんにちは〜🌤️おりおりです🙋‍♀️

ポンジ・スキームとは

前回、レバナスなどのレバレッジ商品はリスクが大きく、金融庁も注意喚起を行っているとお話しましたが、世の中にはもっと恐ろしい投資商品があります。

新しいNISAとは~2024年からスタート~

「わが社では特殊な植物の成分の抽出に成功し、画期的な薬の開発に成功しました。」

「しかし増産するには海外にある農園を拡大しなければならず、資金が不足しています。」

「そこで信用出来る方から投資を募っており、投資して頂いたあかつきには利益の一部を配当金としてお支払いいたします。」

「一口100万円で、毎月5万円の配当金をお約束します。」

「20か月(1年8ヶ月)で元が取れ、それ以降は完全な不労所得になります。」

どうでしょう?とっても怪しいですよね。

では親しい友人から、実際この投資を始めていて一年近く滞りなく配当金が振り込まれている、と聞いたらいかがでしょう?

あれ、怪しいけど、ひょっとして実はちゃんとした投資商品なんじゃないの?となりそうですよね。

しかし、これはポンジ・スキームと言って立派な詐欺の一種である可能性が非常に高いのです。

なんか昔、TVの特集とかで見たことある内容ね

その後、突然振り込みが止まって業者と連絡が取れなくなるやつだね

ポンジ・スキームの仕組み

実はこの詐欺、チャールズ・ポンジ(Charles Ponzi)という詐欺師の名前から由来しており、最初の事件は1920年代まで遡るそうです。

これほど古くからあるのに被害が絶えない理由の一つに、非常に取り締まりにくい、という事があります。

配当金をうたって投資を募る事自体は違法でも何でもなく、中にはちゃんとしたものもあります。

しかも、最初は配当金をしっかり出しており、利益が出なくなった事により破綻した(という体)なら、これもまた違法性はグレーです(投資は絶対では無いため、まともな商品でも起こりえる)。

じゃあ何が詐欺なのかと言うと、実際には集めた資金を運用せず、そのお金をそのまま配当金として渡し、お金が一番集まった所で(自分たちの取り分を抜いた上で)運用が上手くいかず破綻したという体で逃げ切ってしまう事です。

つまり(建前上は違っても本質は)最初から出資金をだまし取る(詐欺)目的で始めているのです。

これが恐ろしいのはトータルで儲けが出ればいいので、最初のほうに始めた人には(2年間の配当(100万円の出資に対して、5万円 × 24=120万円)を出すなど)利益を出させてしまっても良い、という所です。

その人が「やって良かった」と(後に養分となる人に)どんどん広めてくれる広告塔になってくれるなら安いもの、というわけです。

良かれと思ってやった事が、加害者の一端を担う事になるのね

ポンジ・スキームの見極め方

この仕組みを聞くと、まともな商品との見極めが非常に難しいと思われるかも知れませんが、結論は簡単です。

「向こうからやって来る投資話は全て詐欺

この認識で良いかと思います。

厳密に言うと中には違うものもあるのでしょうが、1%のまともな商品のために99%の詐欺商品を引くリスクを負うのは割に合いません。

そもそも本当に良い物なら、向こうからお願いなどしなくても勝手に集まるはずなのです。

それでも納得がいかない、という方は相場観で判断すると良いかと思います。

このような詐欺では元本保証(どんなに結果が悪くても購入代金は下回らない、解約すれば必ず全額返金など)を謳っている事も多いですが、投資の世界ではありえません。

本当に元本保証を実現するためには定期預金くらいしか無く、この金利を考えると成立しない事が良く分かるかと思います。

元本保証ではなかったとしても、インデックス投資でおよそ年利5%~7%が目安とされ、好調と言われるここ10年でも年利10%程度で、

以前にも少し出てきた、「投資の神様」と呼ばれるウォーレン・バフェット氏ですら生涯の運用成績は年利22%くらいと言われています。

格言から学ぶ投資術~投資の鉄則~

先ほどの例だと、100万円に対して毎月5万円(月利5%)なので、年間で60万円(年利60%、複利なら約79%)になりますが、そんな投資はありえないと分かるかと思います。

相場が分かっているからこそ、そんな美味しい話はありえない、と分かるんだね

始めてしまっている方へ

では、すでに(ポンジ・スキームと思われるものを)始めていまっている人はどうすれば良いのか?ですが、

とにかく、一刻も早く解約して下さい。

出資金(出資者)を集めている段階(逃げる前)であれば、「解約できない」「出資金が返ってこない」などの悪評が広がるリスクを考えると少数であれば出資金を返してしまった方が良いため、すんなり返してくれる可能性が高いようです。

しかし、いつ逃げるのかは分からない(明日かも知れない)ため、出来るだけ早く行う事が大事です。

友人からこの話を聞いたら、「自分もやろう」ではなく(友人のことを想うなら)本来は解約を薦めるのが正解なのですが、

実際には(まだ)被害に合っていないし、妄信してしまっていてアドバイスする事で関係性が悪化しそうなら、(自分はやらずに)話だけ合わせておいた方が良いかも知れません。

自分で気付く事が一番ね

それでは皆様、よきフィットネスライフを〜🏃‍♀️

資産形成の第一歩は証券口座開設から

ネット証券なら口座開設も維持も無料、取引手数料無料銘柄も豊富ですよ

松井証券【不安はぜんぶ、松井にぶつけろ】
マネックス証券

キャンペーン中の証券会社はこちら

LINE証券

 

応援クリックお願いします(にほんブログ村)

 にほんブログ村 投資ブログ 投資初心者へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA