複利の力を生かすには~人類最大の発明~

こんにちは〜🌤️おりおりです🙋‍♀️

複利は人類最大の発明である

前回、複利という言葉に少しだけ触れましたが、これについて少し掘り下げてみたいと思います。

分配金再投資をしてはいけない!?~おすすめETFも紹介~

「複利は人類による最大の発明だ。知っている人は複利で稼ぎ、知らない人は利息を払う。」

これ、誰の言葉かご存じでしょうか?

何とあの、アインシュタインなのです。

20世紀最高の物理学者とも言われるアインシュタインが「人類最大の発明」とまで呼んだのが、特殊相対性理論でもブラウン運動の理論でもなく、「複利」なのです。

では「複利」とは一体何なのか?答えは簡単で、利子にも付く利子、です。

(反対に、利子に付かない(元金にだけ付く)利子を「単利」と言います)

たったそれだけの事なのに人類最大の発明って大げさじゃない!?

複利を具体例で考えてみる

じゃあ一体どれだけの差があるのか、例を挙げて計算してみましょう。

100万円を単利の年利10%で預けると、毎年100 × 0.1=10万円の利子があるため、

1年で110万円、2年で120万円、3年で130万円・・・となり、20年では300万円、30年では400万円になります。

対して、100万円を複利の年利10%で預けると、1年目は単利と同じく100 × 0.1=10万円の利子となりますが、2年目は(利子にも利子が付くため)110 × 0.1=11万円になり、3年目は121 × 0.1=12.1万円になりますので、これを元金と合わせると、

1年で110万円、2年で121円、3年で133.1万円・・・となり、20年では約673万円、30年ではなんと約1745万円にまでなるのです。

同じ額を預けただけなのに単利と複利で、20年で約2.2倍、30年では約4.3倍まで差が付いてしまっているのです。

アインシュタインがそこまで注目したのも納得だね

ジャックとジルのお話

日本ではあまり知られてないのですが、「家庭の金銭学」という本にこんなエピソードが紹介されています。

その昔、ジャックとジルという姉弟がいました。

弟のジャックは姉のジルと遊んでいる時に怪我をしてしまい、大学に行けず18歳から働き始めました。

その時、余った給料を1年に50万円ずつ、積み立て投資をしましたが、26歳の時に辞めてしまいました(18歳~25歳の8年間で合計400万円)。

一方、姉のジルは弟に怪我をさせてしまった事に責任を感じ、医者を目指して大学院まで通い26歳から働き始めました。

同じように、余った給料を1年に50万円ずつ、積み立て投資をして、それを65歳で定年するまで続けました(26歳~65歳の40年間で合計2000万円)。

共に全く同じ年利10%の商品に投資したとして、その結果はなんと、

弟のジャックは2億5878万円

姉のジルは2億2129万円

となり、姉の1/5しか投資していない弟の方が多いのです!

決め手は若い時に始めた、という事。複利が利くと「時間は最大の味方になる」のです。

恐ろしい逆複利

この複利の力、投資でお金が増える方向では非常に頼もしい味方なのですが、借金では恐ろしい大敵になります。

借金にも(ごく一部を除いて)基本的に利息というものがありますが、これにも複利の力がかかるのです(逆複利と言います)。

借金と言うと聞こえが悪いのですが、ローン・リボ払い・分割払い・奨学金、これらも(呼び方が違うだけで)れっきとした借金です。

複利と同様、逆複利も年利が高ければ高いほど、期間が長ければ長いほど膨れ上がっていきますので、余剰資金が出来たら投資よりも(残っていれば)まず借金返済が優先です。

幸い、ローンなどでも繰り上げ返済の制度があるため、これ以上、逆複利がかからないように抑える事が出来ます。

ただし、住宅ローンや奨学金など金利が低いものであれば、繰り上げ返済せずに余剰資金を運用した方が、運用利回り>ローンの金利、となって結果的に得をする事もありますので、ご自身の契約内容(年利や、固定か変動かなど)を見てよく考える必要があります。

ですが、カードローンやリボ払い、消費者金融などは年利10%以上になるため、例外なく真っ先に返してしまった方が良いかと思います。

リボ払いってそんな恐ろしいものだったのね

同じローンでも車は家より高め(5%くらい)が多いので要注意だね

月払い・年払い、どっちがお得?

少し蛇足になりますが、「もし、このお金を運用に回したら~」という考え方は借金返済(ローン繰り上げ返済)を考える時以外にも応用が利きます。

よくあるのが、「月払い・年払い、どっちがお得?」という場面です。

例えば、月額1,000円のサービスがあったとして、先払いで1年契約すると11,500円(500円お得)になる、といった場合、

もし月契約にして年契約で払うはずだった残りの10,500円を投資に回して年利5%で運用出来たら、10,500 × 0.05=525円の利益が出るんだから、結果的に月契約の方がお得じゃん(厳密には2ヶ月目以降の支払いもあるのでもっと複雑ですが)、みたいな感じです。

この例だと差額が少なすぎてどっちでもええわ!ってなりそうですが、国民年金の前納など、額が大きく期間も長いもので考えてみると、あれ?案外お得じゃないのかも?となるかも知れません。

私は、1年以上使う予定で、かつ2ヶ月分以上安くなるなら年払いにする、というルールにしているわ

それでは皆様、よきフィットネスライフを〜🏃‍♀️

資産形成の第一歩は証券口座開設から

ネット証券なら口座開設も維持も無料、取引手数料無料銘柄も豊富ですよ

松井証券【不安はぜんぶ、松井にぶつけろ】
マネックス証券

キャンペーン中の証券会社はこちら

LINE証券

 

応援クリックお願いします(にほんブログ村)

 にほんブログ村 投資ブログ 投資初心者へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA