老後資金について~老後2000万円問題!?~

こんにちは〜🌤️おりおりです🙋‍♀️

年金支給額について

前回、年金についてお話させて頂きましたが、

年金について~いくら貰えるの?~

自営業(個人事業主)約6.5万円

会社員や公務員約16.5万円

この金額を聞いて、ちょっと少ないと思いませんか?

これが問題なんです。

ちょっと少ない気がするわね

老後の生活費はいくら?

これについて金融庁が平均値を発表していて、夫が65歳以上・妻が60歳以上で共に仕事をしていない世帯(いわゆる一般的な老後世帯かと思います)で、

収入約21万円

支出約26.5万円

となっているそうです。

先ほどの年金支給額から夫婦で、と考えれば収入は平均値として妥当かなと思います。

しかし、問題なのは支出がそれ以上に大きいという事。

じゃあその差額はどこから捻出してるの?となるのですが、それは貯金です。

これがTVなどでよく言われている老後2000万円問題なのです。

聞いた事がある言葉だね

老後2000万円問題

じゃあなんで2000万円なの?という疑問がありますが、これは実は先ほどの数字が関係しているのです。

具体的にキャッシュフロー(収入-支出)はどうなのか計算すると、

キャッシュフロー = 収入 - 支出 = 21万円26.5万円-5.5万円

となり、毎月5.5万円の赤字になります。

これが一生涯続くわけですから、平均寿命までおよそ30年と仮定して、

5.5万円 × 12ヶ月 × 30年 = 1,980万円(約2,000万円)

これが老後2000万円問題の正体、というわけです。

要は金融庁が調査した平均値を使って算出した数字なので、れっきとした根拠がある数字なのです。

ちゃんと根拠があるのね

2000万円ないと破産する!?

これを聞くと、

やばい!老後までに2000万円以上貯金しておかないと破産してしまう!

こう感じてしまう人も多いかと思います。

これが、マスコミが不安を煽るのが上手な所ですね。

嘘は言っていないけど、見た人に「事実じゃない事まで想像させてしまう」のです。

冷静に考えてみれば、もし破産していたらこの収入と支出の数字は成り立ちません。

つまり、(平均で)貯金が2000万円以上あるからこそ、この支出なのです。

平均の支出 = 必要な生活費 では無い、という事です。

あたかも、この金額がないと生活出来ないように感じてしまうね

実は老後54万円問題!?

この証拠に、(上記の平均値は2018年に発表されたものですが)2020年の発表では 収入 - 支出 でなんと、

たったの1,500円の赤字

となっているのです。

2020年と言えば、新型コロナが大流行した年。特に高齢者の方は外食や旅行などを控えた方が多いかと思います。

要は、生活するだけならこれだけでも十分可能、というわけです。

毎月1,500円の赤字であれば、先ほどと同じように計算しても、

1,500円 × 12ヶ月 × 30年 = 54万円

老後2000万円問題じゃなくて老後54万円問題だった!?となってしまいます。

とは言え、せっかく定年退職して自由な時間を得たのに、普通に生活出来るだけではもったいない、と思う人も少なくないはず。

必要以上に焦る必要は無いですが、無理なく貯蓄はしていきたいですね。

やっぱり貯蓄は大事だね

それでは皆様、よきフィットネスライフを〜🏃‍♀️

資産形成の第一歩は証券口座開設から

ネット証券なら口座開設も維持も無料、取引手数料無料銘柄も豊富ですよ

松井証券【不安はぜんぶ、松井にぶつけろ】
マネックス証券

キャンペーン中の証券会社はこちら

LINE証券

 

応援クリックお願いします(にほんブログ村)

 にほんブログ村 投資ブログ 投資初心者へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA